マンション内 引越し

MENU

同じマンション内の引越し料金を安くしたい!

現在、住んでいる賃貸マンション。立地や家賃といった条件面に不満はないけど、日当たりや、隣の部屋からの騒音に不満が…。それで、同じマンション内の違う部屋に引っ越しする、そういうケースってありますよね。

 

あるいは、最上階の部屋が空いた。逆に、階段の昇り降りが大変で、1階に引っ越したい。こんなふうに、同じマンション内での引越し理由は、様々です。

 

いずれにしても、同じマンション内で引っ越しをするわけですから、2トンや3トンなどのトラックへの積込み・積み下ろし作業は不要です。また、移動にかかる時間やガソリン代なども不要。だから、引越し料金はできるだけ安くしたいと思いますよね。

 

マンションの部屋から部屋への引っ越し
▲部屋から、別の部屋へ、1回運ぶだけで作業完了

 

実際、同じマンション内の引っ越し料金は安くなります。ただし、どれくらい安くなるかというのは想像つきませんよね。それどころか、普通に、他のマンションに引っ越すのであっても、素人に、料金相場は全くわかりません。

 

そうなんです。引っ越しに相場はあって、ないようなものなんです。ですので、引っ越し料金は、営業マンとの駆け引きですべて決まると思ってください。

 

ここで気をつけたいのは、見積もりの取り方。引っ越しの営業マンは、その道のプロですから、もし1社にしか見積もりを取らなかったら、料金はほとんど安くなりません。「安くしてくれた」と感じても、そもそも最初の言い値が高くスタートしているだけです。

 

ですので、絶対に引越し見積もりは複数社から取りましょう。そこでおすすめなのが、引越し一括見積もり

 

このサービスは、複数の引越し業者に、まとめて見積り依頼をできるというもの。各社は、たくさんのライバルと価格競争せざるを得ませんので、交渉が苦手な人でも、驚くほど安い料金を提示してもらいやすいです。

 

見積もりをしてくれるのは、クロネコヤマト、日通、アート引越センター、サカイ引越センターといった大手から、地域密着の激安中小業者まで。各社がどんな料金を提示してくれるか楽しみにしてください。

 

 

引越しの一括見積もりはこちら(無料)

 

 

なお、利用するにあたって、料金は一切かかりません。また、もし気に入った業者が見つからなかった場合は、どこにも申し込む必要もありませんので、同じマンション内で引っ越しをした場合、どのくらいの相場なのかを知るだけでも使えます。

 

 

コラム

中部屋の場合は両隣からの騒音が気になる場合もありますし、窓が一面しかないので採光の面で十分とは言い難いものがあります。マンションに入居する時は中部屋しか空きがなかったとしても、角部屋の入居者が退去したら角部屋に引越ししたいと思うでしょう。角部屋なら騒音の問題が半減されますし、窓の数が増えることが多いので部屋の明るさが大きく違ってきます。また階数が一階上がるだけでも窓から見える景色が変わりますし、風通しや日当たりも随分違います。同じマンション内にある別の部屋に引越ししたいと思ったら、マンションを管理している不動産管理会社に相談してみるといいでしょう。マンション内での引越しなら、分譲マンションをのぞけばオーナーも管理会社も同じですから、違うマンションに引越しする時と違って簡単な手続きで済みそうですね。ただ同じマンション内でも賃貸借契約自体が新しくなるため、簡単な手続きというわけにはいきません。それまで住んでいた物件から退去することになるので、退去した後はハウスクリーニングが入り新しい入居者を迎えるための準備を行わなくてはなりません。

 

同じマンション内の引越し。礼金や敷金は…

同じマンション内であっても新しく借りる部屋の敷金は、支払うことになるでしょう。敷金はあくまでも保証金として預けておくためのお金になるので、万一家賃を滞納した時などに充てられることになります。そのため敷金は同じマンション内での引越しであっても、通常通り払うことが多いですが、礼金に関してはオーナーへのお礼金ですから半額になったり免除されることも考えられます。ただし、分譲マンションの場合は、同じマンション内であっても、オーナーが部屋ごとに異なりますので、それぞれ必要になるが原則と考えた方がよいでしょう。いずれにせよ、不動産会社や管理会社に相談する時に敷金と礼金の扱いについて確認しておくことをおすすめします。

引越しの挨拶はどこまで? 管理人さんへは? 一人暮らしの場合、ファミリーの場合では?

同じマンション内の引越しの場合、管理人さんはもちろん、親しくしていた人や、挨拶をよく交わしていた人などには、階を問わず部屋を移ることを伝えたほうが良いでしょう。

 

また、すぐ近くに新築マンションが建った場合や、中古の物件が安く売りださたというような近距離引越しも考えられます。そこで、ここからは、近距離の場合も含めて記事をまとめていきます。

 

近隣などのマンションへ引越しをした場合、管理人さんがいる場合は、まず管理人さんへ挨拶をします。名前や家族構成、これからお世話になることに対して、簡単な挨拶をし、タオルやお菓子など、気持ちをこめて渡します。管理人さんには、お世話になることも多くなりますので、よい印象で思ってもらえるように、感じよく挨拶をします。

 

マンションの場合、住む部屋の場所にもよりますが、隣の部屋がある場合は、両隣の部屋を訪ね、引越しの挨拶をします。管理人さんにしたような挨拶と、粗品を渡します。マンションへ引っ越した場合、一人暮らしでもファミリーでも、挨拶にさほど変わりはありません。特に、小さなお子さんのいるファミリーの場合は、物音がする場合も多くなりますので、管理人さんやお隣さんなどへは必ず挨拶をすることが必要です。マンションの場合は、同じ一つの敷地に、部屋を割って住んでいる形式をとります。

 

したがって、よほど高額の物件以外は、物音などがすることがあります。そういったことも含めて、引越しの際には、感じよく同じマンション内の近隣の方々に、引越しの挨拶をしておくことが必要になります。

 

マンションから外を眺める女性

 

マンションは、鍵をかけることも簡単であるため、外出をしやすい住居となります。したがって、あまり近隣を気にすることなく、快適に生活をエンジョイすることも大切なことです。近所づきあいで嫌気がさすことがないよう、自分達の目標や生活をしっかりと持ち、日々暮らすことが必要なこととなります。

 

大きなマンションの場合は、留守の際の配達物などは、宅配ロッカーが設置されていて、気を遣うことはありません。しかしさほど大きくないマンションの場合は、管理人さんに預けることもありますので、そういった場合には、管理人さんと顔を合わせ、その都度お礼を述べます。引越しの際には、そういったこともお願いしておきます。

高層階やタワーマンションへの引越し

高層マンション、タワーマンション。高層階に住むと景色もよいですし、防犯上も安心ですし、いいですよね。でも、引越しの時は色々課題がありそうです。

 

まず、自分の部屋の壁や床はもちろん、エントランス、ホール、エレベーター内、廊下などマンションの共有設備の保護。高級感漂うタワーマンションなどの場合、特に傷つけてしまわぬよう厳重な養生が必要です。大手の引越し会社なら、養生のノウハウもしっかりしているので安心して任せられるでしょう。
同じマンション内で引越しする場合でも、このような養生が素人にはできませんので、自分で台車を借りて行うというのはやめておくほうが無難です。

 

高層マンション

 

また、もし、近隣の高層階やタワーマンションへ引っ越す場合は、大型家電、家具はどうやって運ぶのか、事前に下調べをしておくことは大切です。マンションによっては荷物搬送用のエレベーターが設置されていて、それを使えば大型の冷蔵庫など問題ないというところもありますが、いずれにせよ前もって確認しないと、ベッドが運べなかった・・・ソファが無理だった・・・なんていうことになってしまいます。

 

エレベーターのサイズは、調べればきちんと情報が掲載されています。しっかりチェックして、万が一運べないようでしたら、新しく購入することも考えてはいかがでしょうか。

 

とはいえ、運べないからといって、新しいものばかり購入するというのは現実的ではありませんよね。2階から5階程度なら専用の昇降機を使ってベランダから出し入れする事も可能なようです。ただし、専用の機材や、様々な準備が必要なので、当然、オプション料金もかかってきます。しかし、5階以上の高層階となると、クレーンなどを使って吊り下げ、ベランダから出し入れというのは難しくなってきます。先ほども書きましたが、エレベーターのサイズをチェックし、大型家具はどのくらいまで分解できるか、またその分解/組み立てにかかる費用はどのくらいなのか、そういったことを引越し見積もり時にきちんと相談することが必要です。

 

大手の引越し会社などでは、引越し後、ダンボール引取サービスというのを無料で行ってくれるところもあります。ダンボール50箱くらいを捨てるとなると、共同のゴミ置き場まで持って降りるのも、いくつかの束に縛るのもかなりの重労働。高層階の場合、わざわざ地上階や地下のゴミ捨て場まで、マンション内を何往復もしなくてすみますので、ありがたいサービスです。

 

マンションの管理組合にも興味をもってみてはどうでしょうか

マンションの管理組合。理事になると大変そうだな、などと思ってしまいがちですが、管理組合があるマンションは共有部分などの管理がしっかりしています。居住者は管理組合費を払わないといけないですが、それはマンション内をきれいにしっかり保持するためのもの。大切です。共用部分の光熱費や各設備の点検費用、駐車場、駐輪場の維持管理などの他、修繕積立金にもなります。年数がたつとマンションの壁を塗り替えたり、耐震工事をしたり、色々とする必要がでてきます。管理組合がしっかりしていれば、そういった必要な補修などを適宜実施することが可能というわけです。管理組合同士で情報交換などをするネットワークもあったりしますので、同じマンション内の人たちだけでなく、違うマンション同士でもいい付き合い、やりとりができるとよいですね。

 

普段生活をしているときは、近隣との付き合いなどしなくても大丈夫という人も多いかもしれません。でも、災害時等、やはり隣近所で協力し合うことはとても大事です。またお子さんのいる家庭などでも、同じマンション内でいざというときに助けてもらえる人がいればとても安心なのではないでしょうか。管理組合など、煩わしいこともあるかもしれませんが、日頃から、そういった活動や組織にも目を向け、みんなで支え合っているということを自覚していきたいものです。

火災報知器はマンション内に必ず設置を!

消防法により、すべての住宅に住宅用火災警報器等の設置が義務づけられているのはご存知ですか?新築住宅の場合は平成18年6月1日より適用、既存住宅の場合は市町村の条例によります。もちろん、マンション内にも火災報知器は取り付けなければなりません。専有部分が対象なので、つまり、居住者が設置責任を負うということになります。付けなかったからといって、特に罰則があるわけではありません。でも、自分の命、大事な家族、住居を守るためにも、設置はしましょう。火災警報器はホームセンターや家電量販店などで販売されているので、気軽に手に入れる事ができます。

 

なお、どこに取り付けるかというと、原則として、寝室と階段に設置が必要です。地域によっては台所にも設置が必要です。火災警報器には大きく分けて煙式と熱式があります。煙式のほうは主に、居室(居間、ダイニング、子供部屋、寝室など)や、階段向けです。台所など、火災以外の煙を感知して警報を発する可能性がある場所は煙式あるいは熱式を設置すべきとされています(東京消防庁のホームページより)。ちなみに、煙式のほうが熱式よりも火災を早く感知することができるので、煙式のほうがよいということです。